ハムスターと歩む人生は 薔薇色 瑠璃色 きなこ色


by hamstershouse
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ちびね被害

玄関脇に、肥料にするために貰ってきた糠袋が置いてあります。
雪の日に小さな足跡とこぼれた糠があったので、
「ハツカネズミが食べに来たんだね」と微笑ましく見守っていました。

週末そうじをしていた亭主殿が、悲鳴をあげます。
玄関脇のぬか袋がずたずたに破られ、
そのへんが糠だらけになっていたのです。
こぼれた糠の上には、小さな鼠のフンが散らばっていました。

「ちびね(というハツカネズミを飼っていたことがある)に差し入れしたいけど
 こんなことされるとこちらが困るんだよな。
 でも、撤去したら、ちびねがご飯に困るかな。」
亭主殿は頭を抱えていました。

ちびねたちは、浴室の外に設置された給湯器の下に
住んでるのではないかとにらんでいます。
あそこだったら雨も降らないし、温かだし。

ちびねたちは危険を冒しながら、
玄関脇までやってきて、食事をしていたのでしょう。

ねずみは、「ねずみ算」と言われるくらいに繁殖力があります。
ちびねたちにご飯をあげたいけれど、へたに餌付けをすれば、
爆発的にねずみが増えてしまって、
駆除しなくては近隣に迷惑をかけるくらいに増えるかもしれません。

ちびねさんたちとは、いい塩梅に折り合って行きたいのですけれど。
自然の中に住む動物とうまくやるのは、なかなかむずかしいことなのでしょう。
[PR]
by hamstershouse | 2006-01-24 09:18 | ハムスターをとりまくあれこれ