ハムスターと歩む人生は 薔薇色 瑠璃色 きなこ色


by hamstershouse
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

グレイシーがいた日々

生後2ヶ月そこいらの彼は、おともだちのyuriさんから、ぴよりのバースデープレゼントとしてやってきました。

b0016983_18122133.jpgツヤツヤの黒い肢体の真ん中に、真っ黒な一本線がびしっと通っています。

生意気にもキャンベルパンチをびしばし放つ、ファイティングスピリッツ旺盛なちびすけは、グレイシー柔術の格闘家ホイス・グレイシーの名をいただきました。

『グレイシー』という名前は、飼い主を噛んでも叩いてもいい、強く逞しく育って欲しい、そんな思いからつけられたのでした。


b0016983_18124752.jpgわたしたちが新居に移ってきて初めての夏、グレっちは1歳8ヶ月となっていました。

このころから、腰が曲がってきていて、丸くなるとおにぎりみたいな形になっていました。

        おにぎりワッショイ!!
     \\  おにぎりワッショイ!! //
 +   + \\ おにぎりワッショイ!!/+
                            +
.   +   /■\  /■\  /■\  +
      ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`)
 +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
       (_)し' し(_) (_)_)

b0016983_18125556.jpg黒光りする毛皮が印象的だった彼は、いつの間にか徐々に脱色し、頭文字<イニシャル>Dの主人公、藤原拓海の愛車「AE86スプリンタートレノ」を思い出すようなパンダカラーになってしまいました。

「藤原とうふ店(自家用)」 のステッカーでも貼ったろかぁ~。

ちなみにこのトレノは、とうもろこしで走ります。


b0016983_181335.jpg去年の秋、引っ越し疲れなどが蓄積し、わたしはとうとう倒れて手術になりました。

術後はむぅどものお世話は亭主殿に任せていたのですけれど、「こんなにハムスターは元気だよ」って、亭主殿がデジカメにおさめて見せに来てくれました。

グレっちのつぶらな瞳を見て、キズの痛みと空腹を癒しました。
(腸の手術のため、1ヶ月絶食になっていたのです)

入院生活は2ヶ月弱に及び、その間わたしはグレっちにも忘れられていた模様。
亭主殿の方が気前よくたねものをえさ箱に入れるから、ハムスターたちにとっては嬉しかったかもしれませんね。


b0016983_18123526.jpg今年の冬、グレっちは2歳になりました。
このころまではまだ、腫瘍はできていませんでした。(亡くなる前には、右前足付け根の腫瘍は、小指の頭大くらいに成長)

グレっちは背中が弱点で、背中を触られると行動不能に陥りました。
手のひらの上に仰向けにすると、3分は動かなくなります。
この習性を利用して、爪切りやボディチェックをさせてもらいました。

グレっちとしては不本意だったでしょう。
ごめんね。

グレイシーはどう思っていたのか知る術はありませんけれど、彼がいた日々は、少なくともわたしたち家族にとっては、幸せなものでした。

グレっちには、どんなにお礼を言っても足りないくらいです。

出会いをくれたyuriさん、どうもありがとうございました。
見守ってくださったみなさん、ありがとうございました。

誇り高いグレイシー。
キミにさよならは言わない。
願えばまたいつか逢えると信じているから。

そのときは姿形は違うだろう。
グレっちの面影はないかもしれないけれど、大事にするって約束するよ。
だから安心して、いつかまたうちに来ておくれ。
[PR]
by hamstershouse | 2006-07-19 18:59 | グレイシー