ハムスターと歩む人生は 薔薇色 瑠璃色 きなこ色


by hamstershouse
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

サンタ野郎

昨夜食事時にインターホンがなるので外を見てみると、若い金髪の外国人女性の2人組が立っています。

雨と闇に閉ざされた静かな住宅街に片言の日本語混じりで彼女たちは言います。
「メリークリッスマスッ!クリスマスキャロルを歌わせてくださ~い!!」

「は、はあっ???」と戸惑うわたしに異常を察した亭主殿が玄関に設置されたカメラを覗いて、ミニスカ&美人&金髪と三連チャンの女性にすっかりのぼせあがってしまい、

「キャロルさんは間に合っていますぅ。わはははは」

と、訳のわからないことを言いつつ、撃退してくれました。

こんな経験は初めてなのでびびりました。教会の人がクリスマスの寄付でもお願いしてたのなら、信仰に対して勧誘しない限りは、ネタとして歌って貰うのもありかも知れません。でも、そういうことってあとから思いつくことで、人間って経験のないことにはびびって後ずさりしちゃうものなんですよね。ドキドキドキ

さて話はハムスターに戻ります。

ごはんをえさ箱に入れたのをみはからい、ほおぶくろいっぱいに詰め込んで、よそに持ち出そうとしているシロクマ爺様。別荘に持っていったらあなたのごはんがなくなっちゃうし、よそで生ものを放置したら傷んじゃうからダメなんだよ。

ほおぶくろをパンパンにしてのしのし歩いている姿は、プレゼント袋持ったサンタみたいです。

b0016983_1134767.jpg
ほおぶくろパンパンのシロクマ


シロクマをケージに戻すと、しぶしぶ小屋の中に入っていきました。ここに荷物をおろしてゆっくり食べるおつもりなのでしょう。食欲が旺盛なのはなによりです。

b0016983_1135640.jpg
仕方なく自宅へ荷物を持ち帰るシロクマのオシリ
[PR]
by hamstershouse | 2006-12-09 11:20 | ちんくまども