ハムスターと歩む人生は 薔薇色 瑠璃色 きなこ色


by hamstershouse
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

年賀状モデル決定

「ひょっとして、来年は12年に一度のあの年なのでは?」
年賀状の予約を何枚にしようかと考えていて、ふと気が付きました。

ねずみ年

来年こそは、ハムスター入りの年賀状を配りまくっても、決して世間から白い目で見られることはないのです。

「寒くなる前に、お迎えにしたいよね」と亭主殿と話し合い、10月末にハムスターをスカウト(購入)しようと決意したのでした。


「やっぱりキンクマの雄ははずせないな」と、亭主殿談。雄のゴールデンって飄々として性格がやさしく、顔も可愛らしい子が多いけれど、わけてもキンクマは特別に気のいい子が多いのです。

本当はわたしは、ノーマルのゴールデンを飼いたいと何年も考えてはいるのですが、一家の主の意見を尊重することにしました。犬の世話もしなければならないし、余裕を持って動物と接していきたいですから、お散歩時間が長いゴールデンは1頭でいくつもりです。


ショップには、キンクマの雄はこの子ひとりだけでした。入荷して2~3週間というわりには、体格が小さすぎるほど小さく、なんでこんなに小さいのか不思議なくらいです。

b0016983_1650353.jpg
わが家にて。教えられたわけでもないのにトイレはちゃんとできます

「いろんな体格の子がいますから」と店員さんは言います。生年月日の表示を見ると、2007年9月下旬生まれとあります。生後1ヶ月のハムスターにしては、乳離れすぐみたいな体格です。

病弱っぽい雰囲気ではありません。仮に病弱ならそれはそれでご縁だと思うし、病気なら治療を受けさせ、看病すればいいだけのこと。なおのことショップなんかに置いておけません。

てなかんじで、ハムスターを買うにあたってのゴールデンルールをまるっきり無視して、(売れ残りは買わない、元気な子を選ぶ、などなど)さっそく彼を家に連れ帰ることに決定しました。

***

「ところで、キャンベルっていないんですね。最近入ってきませんか?」と店員さんに訪ねてみますと、「そうですねー、お取り寄せなら可能ですが、最近入荷はないですね」とのこと。

といいながらふとケースに目をやれば、「ブラックジャンガリアン」の文字が飛び込んできました。

「あれ???ブラックジャンガリアンっていうと、キャンベルですよね?」店員さんは2秒ほど考えて、「え、ええ、そうですね」と答えます。

巣箱から顔を覗かした下ぶくれの顔をみれば、ジャンガリアンとは言い難い容貌でした。

キャンベル、いるやん!
ブラックジャンガリアンって実はほとんどキャンベルだって、知ってるんなら、キャンベルって書けばいいのに~。

飼育したことのないお客さんだったら、ジャンガリアンと思ってキャンベル掴まされることになるやん、そんなの詐欺だと思うんだけどなぁ。大型ペットショップの中では良心的な経営してるところでも、こういった不当表記ってのがまだまだあるんだなあとおどろきました。(が、パートさんいじめたいわけでもないのでクレームはつけませんけど)

「触ってみてもいい?」と許可を得て、指を目の前に突き出すと、出ましたキャンベルパンチ!!!そして噛みつき攻撃!!!!!

「この子噛みますので気を付けてください」と店員さんが言うのに対して「あ、いいのいいの、噛まれても問題ないから」と、大喜びで噛まれ、パンチを満喫します。

「おまえさん、噛みぐせあるからひとりだけ売れ残ったんやろ?流血させない程度に噛むなんて思いやりのあるええ子や~。はっはっは。」と、購入決定です。

「慣れたらあまり噛まなくなるかとは思うんですが」と口ごもっている店員さんに、「ああ、大丈夫、わたしたち噛まれても全然気にならないから」と連れ帰ることに。

噛まないキャンベルもいるにはいるけど、なぜかうちに来るキャンベルは全員噛みクセが治りませんでした。でも、噛まれるということも含めて、わたしはキャンベルが好きでたまらないのです。

b0016983_1650226.jpg
6月中頃生まれなので、もう立派な大人です

ケースの中には、他に可愛らしいベビーのジャンガリアンがいっぱいいました。脳から汁がでそうなくらいの愛らしさです。でも、わたしはでぼーんと仏頂面してジャブを入れてくる、脱色が始まりかけたようなぽそっとした黒い毛玉の方に惹かれてしまいます。

ジャンガリアンは飼いやすいし、優しいから愛されやすいけれど、粗忽者は買ってもらえないし、噛むからって嫌われがちだからね、きっとうちじゃなきゃ幸せになれないと思うんだ、と、偽善チックな理由をこじつけるわたし。

でもそんなこと言わなくても、亭主殿もキャンベルは大好きなので、来てくれるのにはちっとも反対なんかしないのでした。

来年のわが家からの年賀はがきには、このふたりがねずみ年の象徴として、モデルを勤めてくれることになったのでした♪
[PR]
by hamstershouse | 2007-10-28 16:46 | ハムスターをとりまくあれこれ