ハムスターと歩む人生は 薔薇色 瑠璃色 きなこ色


by hamstershouse
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ちんくまども( 185 )

成長中です

b0016983_10213979.jpgおそうじのときに 小屋を覗くと
ひとの良さそうな笑顔で こちらを向くシロクマくん

そろそろ50gを 突破しそうな勢いです
もうジャンガリアンよりは 大きいかな


b0016983_10235313.jpgあいかわらず びびりんちょな ゴージャスくん

でもね 小屋のそうじのときには
びくびくしながらも出てきて
おやさいで ちいさなほおぶくろを 
あっという間に いっぱいにするのよ

性格も毛色も違う子を観察するのは たのしいですね
わたしが飼いたいと願っている ノーマルのゴールデンは また先送りになってるけど
(わが家は 現在ハム定員いっぱいですからね)
キンクマって かわいいから それもまたよし

というか わが家に来た家族は それが誰であろうが
やっぱりいちばんかわいいって 思うのでしょうね

他人様からは「親馬鹿」ならぬ「飼い主馬鹿」と笑われちゃうそうだけど
わたしは「馬鹿飼い主」にだけはならないように、っておもっています。


親馬鹿と馬鹿親は字だけ似てるけど非なるもの。
世の中にはこの区別がついていない親がどれだけ野放しになっていることか…。(ぼそり)
[PR]
by hamstershouse | 2005-01-27 10:28 | ちんくまども

対照的なふたり

b0016983_1329077.jpgトイレのなかで
ゆうゆうと毛繕いするシロクマくん
人の影が見えても逃げなくなりました

亭主殿が呼ぶと小屋から出てきて
カボチャの種を直接受け取ったりもする剛の者です




b0016983_13312632.jpg一方ゴージャスくんはビビリ街道まっしぐら
ごはんはあたふたとほおぶくろに詰めて小屋に持ち込み
小屋でトイレも済ませてしまいます

めったに出てくることもなく
美しい毛色を見せてくれることもないのよね

シロクマ38g ゴージャス36g どちらも順調に育ってます
[PR]
by hamstershouse | 2005-01-20 13:34 | ちんくまども

決定

名前をつけてないのも不便なので名前を決めました

b0016983_1029337.jpg


サテンの子は、ゴージャスという仮名がそのまま定着してしまいました

ゴージャスはゴージャスでも、叶姉妹のゴージャスっぷりとはちがって
彼は所詮びくびくしっこもらし野郎です
どっちかというとゴージャス松野という名前が頭をちらついてしまうのです
いやまあ、それってめちゃんこ失礼っぽいのはわかるんですけども(ごにょごにょ)

おかげさまでゴージャスの原因不明の出血は原因不明のまま消失しました
彼は小さいほおぶくろをブロッコリーでパンパンにしては小屋にコソコソ往復して
おいしく食べているようです

そして相変わらずおしっこは絶対小屋にしかする気ないみたい
しかも床を汚さないようにと被いをしたのをすっかり剥いで
直接箱を汚してくれています。う~ん、姑息な格闘家めっ!


b0016983_1029175.jpg

もう片方のキンクマは、シロクマと名前がつきました。
白っぽいキンクマだからシロクマ。う~ん、まぎらわしいですね。
「熊」なのは、彼の肝っ玉が太いからなのです。
もうあまり人を警戒しない様子すら見えます。

「オイラはシロクマってアイスを思い出してたんだけどな」と亭主殿。
鹿児島の名産品で、フルーツたっぷりの練乳ベースのかき氷があるんですけども
最近コンビニでこれを模したアイスが出てきている様子。

しかしながら、まだ食べるにはちっこいシロクマくんなのでした。
[PR]
by hamstershouse | 2005-01-18 17:00 | ちんくまども

えらいこっちゃ!

ゴージャスくん(仮名)の床材に、少し血がにじんでいるのを発見してしまいました!
あわてて彼を小屋からひっぱりだして、ボディチェックをします
見れば、小屋の巣材にはもっと多くの鮮血が付着しています

b0016983_15242510.jpgハムスターを連れてきて
一週間は静かに過ごさせるのが基本
とはいえ体に異常があればそれは別問題ですからね

暴れる彼を保定して体中を調べまくります
が、体のどこにもキズらしきものはありません
実はハムスターにはこういうことってのがたまにあって
どこかで擦過傷をこさえていても治癒力があるので
人が見つけることにはもう傷口はわかんない、と。

まあそれならそれでいいんだけど、もし他に大きな病気を隠していたらまずいので
わが家は非常態勢にはいります

体重は33g。育ち盛りで1g減ってるのが気にはなるけれど、
小さなほおぶくろにブロッコリーをばかすか詰め込んで
意気揚々と小屋に引き上げていく姿をみたら、とりあえず一安心
食欲があるうちは、自然治癒力が旺盛にはたらいてくれるしね

亭主殿がゴージャスくん(仮名)をあまやかして
長崎屋のバターケーキをたっぷりわたしていたので
「もし消化管が悪くて下痢でもしたらどうするの!」って注意したけれど
ゴージャスくん(仮名)はかけらもあまさずバターケーキをばくばく食べて
下痢もせずにいました

ところでキズが治ってからでいいけどさあ、
おしっこ、小屋でするのはやめてくれるかな~。とほほ。


b0016983_15345952.jpgそんな騒ぎなんかなんのその。
ちゃんとおしっこはトイレにしてくれてる平民くん(仮名)

キミは着実に体重も増えてくれてるしさ
手がかからなくていい子だね~

「貧乏人の体は丈夫」って
なにかの本で読んだのを思い出しちゃったよ
いや決してキミがビンボくさいという意味じゃなくてね
普通の毛色の簡単な顔してるキミって、毛色に恵まれたゴージャスくんとは
違った財産を持ってるってことなのかな、なんて思ったわけ
[PR]
by hamstershouse | 2005-01-17 17:00 | ちんくまども

定員に達しました

「新しいケージの用意してくれる?」ひとり買い物に出た亭主殿が言うので
とうとう運命のキンクマ君が来たんだね~と思ったんだけどね…。

「もうひとつ用意してよ」と、なぜかわたしの目の前には、
ゴールデン用のケージが2つ。

「ごめん、どうしても選べなかったんだ」

ショップにいたキンクマの一頭に、つやつやぴかぴかと
ゴージャスな照りを見いだした亭主殿
サテンの美しさに、ひとめぼれしてしまいました
「わが家に来てもらおう」

そう思ったのだけれど、亭主殿がハムスターを触っているそのときに
他のハムスターは逃げ回っているというのに
えさ箱の中にどか~んと入り込み、ぐうぐう寝ている剛の者を見つけて
やっぱり彼にも惚れてしまったのだそうです

「だってさ、キンクマのくせに神経が太いんだよ?
 それにさあ、ごはんをいっぱい食べる子ってかわいいじゃないか」

てなわけで、サテンが美しいゴージャスくん(仮名)と、
度胸がすわったクリーム色した平民くん(仮名)を連れ帰ることになった、と。

一頭は飼うと聞きましたけどね
キンクマしかもオスを二頭とは聞いてませんよ?


わたしは本当はね、同じ時期に同じ年齢の子を二人連れ帰るのは
あんまり好きじゃないのよね。
だって年が同じだということは、老いも一緒ってことでしょ。
お別れする辛さも二倍じゃないの。

でもまあ買ってきてしまったものはしょ~がないですな~。(笑)

b0016983_152426.jpgb0016983_1525167.jpg

左)ゴージャスくん(仮名)  右)平民くん(仮名)

それぞれ34gと35g
体格的にはほとんどかわりはありません
(画像だとアップの加減で平民くんの方が大きく見えるけどね)
どちらもそろって、ジャンガリアンのもちらより軽いのよね~

ゴージャスくん(仮名)はびくびくと逃げ回り
平民くん(仮名)は容器の中でぐうぐうと寝ていてなかなか出てきませんでした


年末年始ハムさびしかったわが家だけれど
これでわが家の収容可能能力的に一気に限界まで達しました

お世話するのは嬉しいけれど
わたしゃまだ風邪治りきってませんけど~
[PR]
by hamstershouse | 2005-01-15 15:00 | ちんくまども