ハムスターと歩む人生は 薔薇色 瑠璃色 きなこ色


by hamstershouse
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ちんくまども( 185 )

老ハムには過保護全開

2歳2ヶ月になるシロクマは、今は元気とはいえ、若い頃は腹ハゲ、腹下しなど、いろいろ経験してきた男です。

シロクマも秋口に低体温状態になり、部屋が暖房しているのとは別に、小屋の下には「ピタリ適温」を敷いて保温をはかっていました。が、シロクマがもちなおして元気になっていたために、一時的に適温くんをもちらにレンタルしてもらっていました。

b0016983_1544921.jpg
元気なシロクマじいさま


シロクマはその後低体温状態になることはないんですが、でもじじいなのは間違いないということで、心配になってわが家の犬の保温用に買ったスペアの保温器具を小屋の下に敷いています。

老ハム2頭が暖房用にコンセントを2つ使うと、ハムスターの部屋ではコンセントが不足してしまい、テレビが見られません。でもハムスターの健康の方が優先だから、人間の楽しみが制約されるのって仕方ないよね。
[PR]
by hamstershouse | 2007-02-01 15:43 | ちんくまども

銀桃

お散歩は好きになったけれど、こそこそしている銀八。

b0016983_8253156.jpg



鉢の下にもぐって、隠れているつもりなんだな、なんて微笑ましく思っていましたら、ちょっと目を離したすきにパイナップルを植えた鉢の土で砂掘りしていました。水をあげたばかりの状態なので、床に飛び散る土の塊は湿り気を帯び、板のスキマにねっとりと張り付きます。うぎゃ~!なにすんだよぉ!

b0016983_8255294.jpg


そんな悪いことする子は、撤収です!

b0016983_82639.jpg



「まだ帰りたくないよぉ」と、じたばたしている銀の背中の筋肉(贅肉?)が背骨ごしにクッキリとふたつに割れて、白桃状態になってます。

b0016983_8261224.jpg
こんなハムスター、はじめて見ました。
[PR]
by hamstershouse | 2007-01-31 08:31 | ちんくまども

こっそり回してます

回し車をハンモックにするしか能がないと思われた銀八でしたが、なんと夜中にこっそり回している現場を押さえました!

b0016983_17353682.jpg
いままでびびって、あちこち探検できなかっただけだったんだね。しかし、自分のケージの中でさえ、おそるおそる動いてる銀って、さすがキンクマのオスだけあって、びびり者だね~!なんて妙に感心してしまいました。

その後うんていしている姿も見ました。落っこちたところ、わたしと目が合うと、銀はバツの悪そうな顔をして、こそこそ逃げていきました。
[PR]
by hamstershouse | 2007-01-29 17:38 | ちんくまども

お散歩の合図

もちらや銀八はお散歩の時間を選びませんが、ねぼすけシロクマは就寝中に起こされても絶対に散歩には旅立ちません。

早いときには夜7時半ごろから、遅い場合は11時すぎに、シロクマは自分から「散歩に出たい」と合図をします。

b0016983_9324472.jpg
ケージの隅をかりかり囓るのが、シロクマが散歩に出たいという合図なんです。


ケージを床におろす「とん」という音が聞こえると、シロクマは登っていたケージから降りてきます。そして、上の網をはずすと、出かけようとそわそわしはじめます。
b0016983_9325346.jpg


シロクマはケージを出ると部屋の中を爆走していき、お気に入りの場所を巡ります。

b0016983_933137.jpg
パソコンの下が大好きなのは、ケーブルが多いから?でも、かじらないでね。
[PR]
by hamstershouse | 2007-01-28 09:44 | ちんくまども

別荘ライフ

ちっこい銀八は、ドワーフ用の別荘に潜入することができる。

b0016983_14471410.jpg
そこで遊んでたのしいかい?それならよかった。
[PR]
by hamstershouse | 2007-01-26 14:48 | ちんくまども

はさまりたい お年頃

お散歩に出て行った銀八。

まだ体が小さいので、いろんなスキマに入れます。

b0016983_1051684.jpg
ソファーと壁のスキマに入り込んで、にっちもさっちもいかなくなっている銀八。端っこが好きなきもちはわかるけど、退路は確保しながら遊んでくれたまえ。
[PR]
by hamstershouse | 2007-01-25 10:53 | ちんくまども

どーしよーかなー

ケージを取り去っても、なかなかお散歩にいけない銀八。

b0016983_5544054.jpg
外には出てみたいけれど、知らない場所はまだ怖いようです。

さんざん悩んだ挙げ句

b0016983_554521.jpg
やっと旅立つ?決心がついたようです。
[PR]
by hamstershouse | 2007-01-21 05:56 | ちんくまども

冒険にも慣れはじめ

新入り銀八は、おそるおそる散歩にでていく。

b0016983_18291590.jpg
まだこわいので、びくびくしながら、そーっとそーっと、歩いている。
[PR]
by hamstershouse | 2007-01-19 18:30 | ちんくまども
平井堅がテレビで歌ってる姿を見て、「げ、ヒライケンジとそっくりだ!」と吹き出したわたしは、ええ間違っていますとも!

でも、ヒライケンジの音痴な歌がデフォルトで頭に映像として染みついてると、平井堅のうますぎる程に美しいメロディーを聴くと違和感をおぼえてしまうんです。これは意識より深いところで脳が下す命令なので、理性では「それちゃうでぇ~」とわかっていても、どうしようもないんです。

「愛の流刑地」のメロディーがシビアであればあるほどに、口に含んだ茶を吹き出す圧力は増してしまいます。悲劇の歯車がどこかで間違うと、とんでもない喜劇へ一気に転換してしまうのは日常に稀にあります。葬式の時にこみ上げる笑いって抑えようと思うほどに押さえがきかなくなって腹がよじれてしまうというアレですね。

逆に喜劇も一つ間違えば大惨事といえるほどの悲劇に転落することもあり得ます。お笑いなどで、ギャグが滑ると見るも痛々しく、寒々しくなるでしょ?

悲しいドラマは泣くつもりで見てるから悲しさのダメージを体が受け入れやすいのですが、バラエティは最初から笑うつもりで見てるので、脳に悲しさに順応する用意が調っていません。よって、なまじ半端なお笑いなんか見てしまうと、なんでこう悲しい気分になるんだろうと思うくらいしょんぼりできてしまいます。

何が言いたいかと言いますと、わたしはヒライケンジって結構好きだったんだなぁと最近意識しはじめたってことでしょうかね~。


閑話休題。
b0016983_238052.jpg
おさんぽの度にあちこちに登りまくって、撤収させられるシロクマにいさん。

おめえさんはお年寄りなんだから、無理はやめてくれぇ!と言っても、たぶん足腰丈夫な本ハムには年寄りって意識なんかないから、当分こちらはひやひやのし通しかも。
[PR]
by hamstershouse | 2007-01-17 02:40 | ちんくまども

命名『銀八』

新入りの名前は『銀八』(ぎんぱち)に決まりました。

白(シロクマ)より白い新入りなので、輝くような白を讃えて「銀」という字を使うことは決めていました。

八の字は、実はパチンコの「パチ」にかけています。去年は勝負運に見放されていた亭主殿ですが、銀色のハムスターにあやかって、今年こそ銀玉がばっこんばっこん出て欲しい!という願いが込められています。

銀色なんて言っても、まあ実際はすすけたクリームベージュだったりしますけどねぇ。(汗)銀八は呼びにくいので、呼び名は銀になりそうです。

銀に、鶏のレバーをあげたら、大喜びで食いつきます。あくを抜いて犬のごはんのためにと、水煮しただけのものです。人間だったら生臭さにとても食べられたもんじゃないでしょうけれど、銀は大喜びです。

b0016983_1145354.jpg
ハムスターってまぬけに見えることもあるけど、意外なところがワイルドだったりしますよね~。


新入り銀のおさんぽ。

b0016983_1143089.jpg
しっぽがのぞいたり

b0016983_114397.jpg
ちょこっと足が見えたり

b0016983_1144677.jpg
まだまだびくびくしながら歩いてます。
[PR]
by hamstershouse | 2007-01-13 11:04 | ちんくまども