ハムスターと歩む人生は 薔薇色 瑠璃色 きなこ色


by hamstershouse
カレンダー

<   2004年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ちゃいペース

b0016983_7555779.jpgここしばらく
ジャンガリアンの新入りお嬢さんのことで
うかれておりました

他の子たちは、あいもかわらずというかんじ

ドワーフの女の子がやってきたら
少しくらいそわそわするかとおもったのに
われかんせずの ちゃいちゃいくん

同じくキャンベルのグレっちも、マイペースそのもの

わが家は平和です
[PR]
by hamstershouse | 2004-09-30 08:12 | ちゃいちゃい

旗本退屈ハムスター

b0016983_17514086.jpgわが家にやってきた当日に
身体検査を受けている もちら嬢です

わたしの手は決して大きくはないのに
その手に比べても
ほんとうにちいさいのが
わかっていただけるかと


キズの状態の画像です
可哀想な姿ですから 治るまではと 掲示を控えていました
b0016983_17585833.jpgb0016983_175918100.jpg

左)9/24 わが家に来た当日  右)9/27

ピンぼけしているのは、もちらを怖がらせたくなくて、フラッシュを使っていないから。
キズがずいぶん消えてきてるの、わかるでしょ?

さてもちら嬢、額に三日月キズがあるところから、
なまえが「主水之介(もんどのしょう)」になるかもってところだったんですよ。

時代劇 旗本退屈男の主役のことです。

「もんどのしょう」という響きはステキだけれど、女の子なので却下となりました。
たぶんもちらが男だったら、今頃「もんちゃん」って呼ばれているところでしょう。

もうすぐ、キズがあったことなんか、わからないくらい、きれいに治っちゃいそうだけど。
[PR]
by hamstershouse | 2004-09-29 18:06 | もちら

まだ二頭身

b0016983_2211452.jpgわたしの なまえは
「もちら」に きまったみたい

しっかり たべて
おおきく なって ほしい

もちが ぷ~っと
ふくれる みたいに

でっかい ハムスターに
なって ほしいって いわれたの

ゴジラならぬ もちら
がおがお じゃなくて
きょうも じーじー ないてます
[PR]
by hamstershouse | 2004-09-28 23:18 | もちら

なまえはまだない

9/24の深夜にわが家に連れてこられた彼女は
わずか14gしかありませんでした。

ちょっぴりガングロ入ったジャンガリアンパールです。

****************************************************

この日飲み会があっておともだちのyuriさんと久々に出会いました。

yuriさん曰く、「この子はぴよりさんちに来るべき運命の子なんです。」
その手にはタオルに包まれた小さなプラケースがありました。

「たまたま入ったショップでね、この子と出会ってしまったんです。
 けんかして、ケガしてるんです。ひたいと目の下にキズができてるでしょ。
 店員さんが他の子と離そうとしていたところだったんです。
 体格もひときわ小さいから、この子は隔離されたらもう売れないでしょう。
 あまりにも小さいから、ケガした状態で無事に育つかどうか…」

yuriさんちでは定員一杯飼っているから、
現在若干ハムさみしいわが家
(キャンベルのオス2頭とゴールデンのメス1頭)
の一員に加えて欲しい、ということだったわけです。

****************************************************

b0016983_9522538.jpgさいわいにもケガはたいしたことなくて、
カサブタになってふさがりつつあります。
移動のストレスか、それともケガしたショックからなのか、
お嬢はまだ小屋深くにもぐったまま出てきません。
この画像からは、腕しか確認できませんね。

安否を確認しようと巣材をはぐったら、「ジ~~~~!」と抗議を受けました。

名無しのお嬢さんは、わたしが見ていないスキをぬって、
持参金(?)の粟穂をばりぼり食してもいるようです。
教えられてもいないのに、ちゃんとトイレでおしっこしてます。

b0016983_103714.jpg
あさごはんにマカロニをゆでたので、ハムスターたちに少しずつ分けたんです。
お嬢にも半分あげようって思って、小屋の入り口に入れたら、歯を剥いて怒ってました。

ごめんね、あなたの安眠を妨げて。

彼女がはやくわが家でリラックスして過ごせるようになればなあと願っています。
[PR]
by hamstershouse | 2004-09-27 10:05 | もちら

ゆるしてあげるわ

b0016983_8214089.jpg今日もまた大掃除の日がやってきました。

これからわたしは、また今週もハムスターたちに
うらみがましい目で見られちゃうというわけですよ。

そんなときにはね、おいしいもので懐柔するに限ります。
ことりんは、落花生がだ~いすきなのです。
特に殻付きがスキ。

落花生があれば、少々のわたしの失礼でも、許してもらえるというわけですぅ。

さあ、ピーナッツを携えて、そろそろお掃除はじめますかね!
[PR]
by hamstershouse | 2004-09-22 08:29 | ことり

グレイシーはグレイ化中

b0016983_7545341.jpgブラックキャンベル・グレイシーは、
ただいま毛が生え替わっているところ。
毎日大量の抜け毛があります。

いまのところは、背中のすじだけはくっきり残しています。

このままちゃいちゃい並みに白色化しちゃうと
ジャンガリアンのパールみたいになるかな。
はたまた、灰色になってノーマルっぽくなっていくのかしら。

たのしみですねぇ。
[PR]
by hamstershouse | 2004-09-18 10:12 | グレイシー

滞りつつ

b0016983_16392555.jpg時間がないんです。
おかげで更新が滞りがちなのよね。
きもちはあわてるんだけど、
どこから手を付けていいものやら。
う~ん。

とりあえず、ハムスターたちは元気。
かわりなくやってます。

キャンベルのちゃいちゃいくんは、好々爺街道を爆走しています。
むかしはクロの面積が大きかったはずのちゃいちゃいくんなんだけど、
最近はすっかり白っぽいおやじ。

ハムスターって年を重ねるほどに、信頼関係が築けてくるんですよね。
だんだん好みとか、考えていること、行動パターンが読めるようになるの。

容姿は衰えてくるのかもしれないんだけれど、
すすけ具合がいとおしいなあって思うのよ~。

それがきっと、家族だってことなんだよね。
[PR]
by hamstershouse | 2004-09-17 16:43 | ハムスターをとりまくあれこれ

あついんですけど

b0016983_11285862.jpgいったいどうなってるんでしょうね。

台風が襲来して少しは涼しくなるかと思いきや。
昨日なんか雨が降ったら湿気の分蒸し暑いという。

ハムスターたちも、また野良寝をはじめちゃいましたですよ。


彼岸はもうすぐそこまでやって来ています。
いい加減涼しくなってもらいたい今日このごろ。
[PR]
by hamstershouse | 2004-09-14 11:30 | ハムスターをとりまくあれこれ

メルメル麺麺♪

私信ですみません、まだメール出せてないです。
即レスが自慢なわたしでしたのに。

ほんと~にごめんなさい。
緊急の場合はすみませんが催促メールをくださいませ。

b0016983_13291520.jpgさて昨日の昼食はシーフードスパゲティ。

パスタに関してはそのへんの喫茶店のマスターが泣きながら裸足で逃げ出すほど上手な亭主殿に教わり、現在修行中のわたし。
亭主殿の足許にはようやく及んだかな?という程度には仕上げられました。

自分自身に☆をひとつあげておくことにしちゃお。


人間がパスタ料理を楽しむとき、わが家のハムスターたちもご相伴にあずかります。

「ことりね(ことりの愛称)さん、でておいで~」

わたしがそう声をかけると、特別なおやつがもらえる予感がするんですね。
寝てもすぐに巣から出てきちゃう。
耳も伏せて、寝癖あるまま。う~ん、かわゆいやつ。


b0016983_13293620.jpg一所懸命麺を追いかけるほどに、
パスタは揺れて逃げていきます。

本ハムは必死なので
言っちゃわるいってわかってるけどさ、
おもろいんだよね。




b0016983_13295327.jpgキャンベルだとおっとりしたゴールデンよりは、行動がもっと豪快。

毎度毎度麺と戦っております。

「大丈夫、そのパスタはもう死んでるから」と、
興奮してぢゅーぢゅー言ってるグレっちに
アドバイスらしき声をかけてはみるのですが、
当然聞いてませんとも。

麺を捕縛制圧したときの誇らしそうな顔ったら!
これだから、キャンベルはやめられませんよ。
[PR]
by hamstershouse | 2004-09-13 13:40 | ハムスターをとりまくあれこれ

復活宣言

1週間くらいかな、更新空いちゃいましたよ。
たのしみにしてくださっているみなさま(が、いると仮定して)ごめんなさい。

もうね、嵐のような1週間あまりだったわけなんですよ。
実際の台風まで来て、わが家にもいろいろトラブルも出たりしておりました。

昼間から薄暗かった9/7台風の日、ハムスターのおそうじは正午にやっておいて正解でした。
2時からは完全に停電しちゃったので、もう掃除機も使えませんでしたからね。
台風のせいで長時間停電してしまって、夜中にろうそくで生活するというめずらしい体験をしましたよ。
最大瞬間風速が60メートル越えちゃって、近所では屋根瓦が飛ぶわ網戸が舞うわ。

こんな夜には、あぶなっかしくてハムスターのおさんぽなんてさせられません。
「なんで今日は出してもらえないの?」と、しょんぼりしていることりんには気の毒だけれど、ガングロが闇に紛れたらあぶなっかしくてしょうがないのよね。

結局すっかり嵐が通り過ぎてしまった朝まで停電は続き、ハムスターはおさんぽなしデーとなりました。


嵐が過ぎて、木の葉飛び散る庭のお掃除でもしようか、と思った直後のこと。
なんだか妙に火照って人生バラ色に見えちゃうものだから、熱を計ったら・・・・39.4℃!
今年の夏風邪ってこんなかんじで高熱でちゃうんですってね。

ばったりと丸々2日は寝込みました。
病院で注射打ったら解熱はするし、諸症状を緩和してくれはするけれど、風邪ってウイルスの感染だから、根本的なところは自力で治すしかないんだよねぇ。
つうわけで、病院にはいかずに、食養の手当法で解熱をはかり、自前の免疫力をサポートすべく売り物のアロエベラジュースをがぶ飲みして寝ていました。

薬をつかわずに熱をひかせるとね、やみあがりが格段にラクなの。
抗生物質なんかで腸内細菌殺してると、善玉菌までいなくなっちゃうし、肝臓もくたびれるから、たちあがりがおそくなるんだよね。

1日だけですが、亭主殿にハムスターのお世話もおまかせしちゃいました。
家族でハムスターを飼っていることのありがたみって、こういうときにしみじみとわかるものです。

あまりにも高熱がひかないもんだから、「う~ん、このまま死ぬのかしら」と、ベッドの中で自分の人生を振り返っていたりして。
いやまあこの程度では死なないのはわかってはいるんですけど。
たまにひく風邪ってのは、びっくりするんですわ。


そんなこんなでやっと普通の生活に戻してきました。
火急の用件だけはこなしたんですけれどもね、まだメールのお返事が出せていない人もいて、申し訳なくおもっております。
このようなワケで、ご容赦くださいませ。(ぺこぺこぺこ)


b0016983_7174386.jpgこの画像は栗を食べることりん。
亭主殿がハムスターたちのためにと、裏山から栗をひろってきたのでした。
[PR]
by hamstershouse | 2004-09-12 07:37 | ハムスターをとりまくあれこれ