ハムスターと歩む人生は 薔薇色 瑠璃色 きなこ色


by hamstershouse
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

やめてちょうだい!

グレイシーさん。
ご自身では若いおつもりかもしれませんが、年齢的に言えば2歳半のあなたは人間で言えば90歳にはなろうかというご長寿なのです。

b0016983_9145183.jpg散歩に出されるときに、わたしに背中を触られたのに対して抗議の意味を込めて、半目を剥いて動かなくなるクセはやめていただきたい

わたしの心臓が止まりそうですぜ旦那。

あなたの背中に触らずに済ませたいのはやまやまだけれど、他のところに手をだしたら、あなたがぶって噛むじゃん!?

b0016983_9202019.jpg
グレイシー老、あいかわらずマイペースな男です。
[PR]
by hamstershouse | 2006-05-31 09:21 | グレイシー

もうすこし寝かせろ

散歩にひきずりだされるゴージャスおぼったま。

b0016983_7115037.jpg
寝起きの良いヤツなのですが、今日はまだ起動してないみたいです。

ま、そんな日もあるわね。
[PR]
by hamstershouse | 2006-05-30 07:13 | ちんくまども

薔薇は気高く咲いて

わたしが通っているブログ「めふぃらすかるぴす記」の
看板娘のメフィさんが5/19に旅立っていきました。

わたしはなにもできないギャラリーだったけれど、わたしの想いを受けとめてくださったメフィさんから、飼い主の呵々さん経由で遺言をいただきましたので、皆さんにもご紹介いたします。

b0016983_5525646.jpg
メフィさん、いままで生きてくれてありがとう

メフィさんは、危機的な状況を迎えてもなお毅然と生き続けました。
そしてプラケースを抱えていた飼い主の呵々さんにも気付かれないくらい
静かな最期の時を迎えたそうです。

もしも人間だったら。
「治療法がない」という状態に置かれた場合、迫り来る死の恐怖におののいたり、生への執着に苦しんだり、神仏を呪ってみたり、人生をあれこれと猛省してみたり、面倒になって何もかも諦めてみたりと、いろんな心理的な葛藤と闘って、まずは気分的に消耗しちゃうのが普通です。

しかしながら、幸か不幸か、ハムスターには「生から死へ移行する自分」という概念はありません。
与えられた生は、ただひたすら生に向け続けます。
そして本当に命の灯火が消える寸前には、未練を残さず、瞬時に死へと順化していきます。

メフィさんは、最期までひたむきに生き続けました。

「あなたたち人間は、ごちゃごちゃと考えすぎるのよ。知恵があるってことが愚かと同義じゃ洒落にもならないのよ。運命と闘う方法をよくごらんなさいな。ああ、今日もごはんが美味しいわ。」

とでも言いたげに、苦しさも辛さも軽やかに踏み越えていきました。

ハムスターを愛さない人から見れば一匹のハムスターに過ぎないメフィさんかもしれませんけれど、わたしにとっては偉人・聖人の足跡を見るのと同じことでした。
メフィさんの生き方は崇高で真似しがたく、わたしはひたすら彼女に教えを乞うばかりでした。

メフィさんのご冥福を心からお祈りいたします。
そして自らの命を削るように介護し続けた飼い主の呵々さん、本当にお疲れ様でした。
[PR]
by hamstershouse | 2006-05-29 06:23 | おきゃくさま♪

和菓子サイズ

b0016983_683895.jpg”ひよこ饅頭”ならぬ”ジャンガリアン饅頭”を発売してくれたら、わたしは折に触れ買っちゃうのになあと思う。

お菓子屋さん、是非前向きに検討していただきたい!
とまあ、ハムスターのブログでつぶやいたところで、実現には遠いわけなのだが。
[PR]
by hamstershouse | 2006-05-27 06:11 | もちら

くいっとな

写真が撮りやすいので、ここしばらく、もちらとシロクマばっかり続いております。

b0016983_205330.jpg散歩に出ていって、わたしの足にまとわりついてくるシロクマ。
くう、可愛すぎるぞぉ!

くいっと曲がった右手(右前足)がたまりません。
[PR]
by hamstershouse | 2006-05-26 20:07 | ちんくまども

なんだろう?

b0016983_652756.jpg亭主殿お手製の段ボール別荘をうろつくもちら。

不思議な横穴に警戒心を抱いています。

「これはなにかしら?」

ひょっとしてもうお忘れですか?
それはね、あなたが先日工事して開通させたショートカットでございますよ~。
[PR]
by hamstershouse | 2006-05-25 06:54 | もちら
お掃除のときに、散歩に出ていったシロクマぼっちゃま。

b0016983_957172.jpg
洗い物の皿や給水器を集めてあるバスケットに入り込んでワルさしていると、ぱたんと皿が覆い被さってきて、閉じこめられてしまいました。

なかでじたばたとあわてふためいています。

見てると面白いのですが(おいおい)
それでも本ハムにとっては一大事でしょうからして、即座に救出。

お前さんは男前なんだけど、非力だから、助けてやらないといけないもんな。

b0016983_9572731.jpg
ケガなどはなかったからいいものの、ハムスターって意外なところで意外なことをしでかしてくれるので、目が離せません。
[PR]
by hamstershouse | 2006-05-24 10:05 | ちんくまども

らぶりい

b0016983_543584.jpg垂れ目のもちら。

せわしなく動く姿を見てると、「こいつやっぱりねずみの一種なんだな」とも思う。


だが、決定的に野ねずみたちと違うのは、ハムスターってどこか間が抜けている。
愛玩されるためのかわいらしさのみが特化した彼らは、もう野生に戻る日は来ないのだろう。
[PR]
by hamstershouse | 2006-05-23 05:47 | もちら

骨の髄まで

捨てる直前の中身がほとんど入っていないスタミノンをハムスターの散歩道に置いてみたところ、みんな驚くほどがぶり寄ります。

b0016983_1054588.jpgスタミノンをあますところなく舐めまくろうとしているシロクマ。

眼の色変わってまんがな。
[PR]
by hamstershouse | 2006-05-22 10:56 | ちんくまども

ふらふらのどきどき

帰ってきてからはしゃぎすぎたのか、それとも気圧の変化のせいなのか。
昨日は急に寒気と眩暈がひどくて、うごけなくなってしまいました。

「げげ、このまま再入院とかになったらいやだなあ」と、不安に思っていたわりに、一晩明けると妙に元気です。

ただの風邪だったみたい。
子どもみたいですな、わたくち。おほほほほ。

b0016983_5394123.jpg飼い主の危機(というのもおおげさな)もなんのその、美味しい物があればそれで満足の夕凪嬢。

お前の性格、わかりやすすぎ。

食欲がすべてに優先する、そんな貴女のことは、もちろん大好きだけどよ。
[PR]
by hamstershouse | 2006-05-21 05:45 | 夕凪