ハムスターと歩む人生は 薔薇色 瑠璃色 きなこ色


by hamstershouse
カレンダー

<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

男として現役だぜ!

昨晩、パソコンをかしょかしょしているわたしの背後で「散歩に出せぇ!」とケージを噛んでアピールするシロクマを、お散歩にだしました。

b0016983_1262834.jpg
亭主殿の上着を踏んで歩くシロクマ

しばらくはあちこち走り回っていたのですが、ふと気が付くとこんなところまでシロクマが登っていました。

b0016983_126393.jpg
夕凪のケージに登ってるシロクマ

トウが立ってるとはいえ、夕凪だって一応女の子のはしくれ。
魅力的な香りがしたんでしょうね~。

そろそろお年寄りと呼んでさし支えないお年頃のシロクマなのに、足腰頑健かつ、色気にゃ弱いようです。
[PR]
by hamstershouse | 2006-09-30 12:11 | ちんくまども

絶句

ペットとしてうまれてきた命は、愛され幸せになるべきなんだと思う。
だが、時としてそんな当たり前のことが守られないことがある。

わたしが住んでいる広島市で、閉園したドッグパークに、息も絶え絶えに生きている犬たちがいて、現在大規模な犬の救出作戦が展開中だ。

地獄ってあの世なんてところにぼんやり見えるもんじゃなくて、現世にくっきりきっぱり存在するのだと知り、卒倒しそうになった。

b0016983_0165069.gif
救え!!消えゆく小さな命達

(このページに関しては詳細な画像はありませんのでクリックしても大丈夫です)

そこにいるのがハムスターだったら、飛んでいって世話もしただろうし、看取るためのボランティアにだって参加できただろうが、いかんせんわたしは犬の世話については素人だ。なんの手助けもできない。

b0016983_0171211.jpg
わたしの驚きを、知る由もないゴージャス。

世の中に対して、あまりにも無知で無力なわたしだが、おまえさんを含めてうちの子たちには、わたしのできるかぎりの愛情を注ぎ、幸せに過ごさせてやりたいと思う。
[PR]
by hamstershouse | 2006-09-29 23:40 | ハムスターをとりまくあれこれ

気も若い

こどもの頃のハムスターというのは活動的で落ち着きがなく、いろんな物事に興味を示して、遊びたがりますが、年を重ねていくことにより活動性は低下の方向に傾き、徐々に落ち着いてきます。

しかしながら、もちらの場合、「遊びたい!」という気持ちは、2歳過ぎて”ばあちゃん”と言われる年齢になっても健在のようです。

b0016983_614438.jpg
もちらを外に出してやると、亭主殿がつくった段ボールの遊び場に、滑るように走り込み、楽しそうに探検しはじめます。
もちらがなにかに夢中になっているときに、うかつに手を伸ばすと、かぷりって噛まれることがあるくらい。

もちらは噛みはむぅじゃないんだけど、遊びの邪魔だけは許せない!って思うことがあるみたいなのよね。

b0016983_6145540.jpg
段ボールの中に入っている小さな箱を、別荘化してくつろいでいるもちら。
こんなときは箱ごと撤収していただくのでした。
[PR]
by hamstershouse | 2006-09-25 06:21 | もちら

おまえは誰や?

「白っぽいキンクマだから」というのが理由で「シロクマ」と名付けられたキンクマのちびすけは、1歳9ヶ月を迎えた昨今、加齢により濃いオレンジ色の毛へと変わりつつある。

同時期にやってきたサテンの入ったキンクマ(推定兄弟)は、白っぽいシロクマと比べると艶やかで滑らかに光り輝く毛をもっていたため、「ゴージャス」という豪華そのまんまの名前になった。(というわけで、決してゴージャス松野が由来ではないのである)

シロクマは年齢がまったく同じで、かつ血筋が同じ(らしい)ということもあり、ときどきゴージャスと見分けが付かないということが発生してきている。

b0016983_10255859.jpg

この写真をとってみて、あとから「こいつ、一体どっちだっけ?シロクマ?ゴージャス???」と、しばらく悩んだのだった。

たぶん顔がお人好し顔だし、シリのてかりが少ないので、寝ぼけ顔シロクマと思われる。
が、ホンマは笑顔を浮かべてるゴージャスなのかもしれない。

あれだけ違う色合いだった自分ちのハムスターの顔の差に、悩む日が来ようとは思わなかったぞ…。
[PR]
by hamstershouse | 2006-09-22 10:34 | ちんくまども
お散歩の途中、自分のえさ箱が空であることを発見し、ショックを受けているらしき、もちらさん。

b0016983_10532883.jpg
いや、それ今古いごはんを処分したところだから。
あなたのご飯は、あたらしいお皿に今用意してあるから、大丈夫なのよ。

というか、そろそろ生活パターンおぼえてくんね?
わたしと付き合いだして、もう2年経つというのに、まだ覚えてくれないんだよねぇ。(苦笑)
[PR]
by hamstershouse | 2006-09-21 10:56 | もちら

ハム玉

b0016983_6184558.jpgおさんぽに出て行き、部屋のすみっこでくつろいでいる夕凪。

長毛(というか女の子のせいか中毛というかんじ)のせいか、もともとぽわぽわしているのですけれど、200gオーバーという恰幅の良さも手伝って、座っている背中を見るとハムスターってことがわからなくなってしまっています。

毛の生えたボールというかなんというか…。

まあわたしゃ飼い主ですから、こんな背中にも愛らしさをおぼえるわけですけれども、この画像だけ見ても、特にハム飼ったことのない人だと、なにがなんだかわからんでしょうな~。
[PR]
by hamstershouse | 2006-09-17 06:21 | 夕凪

リラックスしすぎ?

キンクマのオスってびびりんちょなのだけれど、慣れてくると過剰?なほどに親しみを人に向けてきます。

お掃除をしたいので、「おきてよ~」と声をかけても、なかなか起きてくれないちんくま兄弟ども。

b0016983_1044978.jpgb0016983_1041385.jpg

左)寝ぼけ眼のゴージャス  右)起きもしないシロクマ

ゴージャスって、もともと寝起きの良いヤツだったんですけどね。
起きることは起きるようですが、目が開いても自分が動きたいと思わない限りは、動き出しません。

人が触ったくらいじゃ屁とも思ってないようです。
屁を上回りたいとまでは申しませんので、せめて屁程度には認識していただきたいものです。


シロクマはもともとゴージャスよりはフレンドリーで大雑把なヤツです。
そのせいか、起きもしやがりません。

この夏下痢がちで調子を崩している時期もあったのですが、いまではすっかり元気になりました。
臭腺のまわりと腹が脱毛気味だったけれど、現在毛が再生している最中です。

キミが元気だったらいいんだけどさ。
でもそれはそれとして、掃除はさせておくれよぉ~!
[PR]
by hamstershouse | 2006-09-16 10:21 | ちんくまども

もろこし納め

b0016983_8114036.jpgとうもろこしにかぶりつく、もちらさん。

今年は長雨のせいか、とうもろこしは不作だったらしくて、値段がお高めで、存分にとうもろこしの味を堪能させてあげられなかったかも。

そろそろとうもろこしの季節は終わります。

これが今年最後のとうもろこしになるかもしれないから、しっかり味わって食べてくださいな。
[PR]
by hamstershouse | 2006-09-15 08:14 | もちら
b0016983_22132880.jpgピーク時は1/4kgだったとゆ~巨大ゴールデン夕凪。

一般的なゴールデン用のサイレントホイールでは小さく狭苦しそうでした。

いつもの餌CR-LPF小粒を通販で購入するついでに、新発売のでっかいサイレントホイールを買ってあげることに。

「体重が220g(目安)を超える生体には、使用しないでください。 」という注意書きが気になるものの、最近やせ気味(痩せてるうちには入らないけれど)の夕凪は210gだから、余裕で一応使えるよね!

到着した荷物を、さっそく箱から取り出してみます。

b0016983_2214125.jpg
サイレントホイール21ってこんなかんじ


b0016983_22141439.jpg

サイレントホイール ドワーフ 12cm → 724円
サイレントホイール ゴールデン 17cn → 913円
サイレントホイール 21 21cm → 2,016円
(価格はすべて税込です)

サイレントホイール21、いきなり高くね?
しかしまあ、大事な夕凪さんのためですから、このくらいの出費は我慢いたしましょう。うぐぐ。

b0016983_2216107.jpgせっかくケージにあたらしい回し車を設置したというのに、夕凪さん一顧だにいたしません。

「わたしはごはんの方が大事だも~ん」

ま、人生こんなもんかもしれませんな。
_| ̄|○ トホホ…



[PR]
by hamstershouse | 2006-09-13 22:48 | 夕凪

オレ様空間

個体差はあるけれど、キンクマってたいそうびびりんちょです。
自家繁殖のこはむっちでさえ、小さい頃はびびりまわって逃げていたくらいですから。

ゴージャスはショップの出身でしたけれども、やはりうちに来た当時は小さな物音にも驚き、へっぴり腰で歩いていました。

b0016983_518453.jpgそれが今では、飼い主を堂々と踏んであるくほどに大出世しました!

こうしてゴージャスは、彼らの養い主である亭主殿を足蹴にして歩き回っているのです。

一家の主である亭主殿は、ハムスターたちが歩き回っているときには、彼らが心身ともに安全を保てるように、体をかたくし息をころして、小さくなって踏まれるがままになっているのです。

犬とは違って、ハムスターは集団生活をする動物じゃありません。
だから、ハムスターには人間が偉いということを教える必要はないんです。

「オレがここではいちばんえらいし、ここはなわばりだから安全なんだぜ」と、ハムスターがリラックスして偉そうにしていられる空間を確保することこそが、飼い主の度量の証明というわけなのです。
[PR]
by hamstershouse | 2006-09-12 05:27 | ちんくまども